« [雑記] ACDSee 9 Photo Manager | メイン | [雑記] Adobe Photoshop Elements 5.0 »

2007/04/26

[雑記] Adobe Photoshop Lightroom 1.0

 前回に引き続き、新規導入ソフトのご紹介。
 ACDSeeでコニカミノルタαのRAWが見られないということに端を発し、逆になんとかしてRAWも扱えるようになりたいという欲求を満たすために導入したのがこれ、Adobe Photoshop Lightroom 1.0

 バージョンナンバーを見てもわかるように比較的新しいソフトで、一般的には一応RAW現像ソフトに分類されるよう。
 でもRAWに限らずJPEGやTIFFファイルでもRAW同様に扱える写真管理ソフト。
 まだインストールしただけで、ぜんぜん使い込んでいないんだけど、ちょっといじった感じでは写真ファイルの管理・調整・出力に限っていえばかなり使い易そう。
 おまけに気のせいか、デフォルト設定でRAW現像してみただけでも、JPEG撮って出しより“作品”っぽく仕上がるような気がする。これならRAWでの撮影も積極的にやりたくなる。
 さすがアドビって感じ、なのかな。

 言うまでもなくアドビのフォトショップといえばレタッチソフトとしてメジャー中のメジャーなんだけど、実は自分の場合、大昔スキャナーのおまけで付いてきたPhotoshop LEのあまりの使いにくさに辟易して、それ以来避けて通ってきたんだよね。
 しかし、このLightroomを使ってみて、今のアドビはいいかもって、世間から見ればほんとに今さらながら改心。
 ということで、Lightroomを買った翌日にはAdobe Photoshop Elements 5.0を購入していました。
 この話はまた次回に。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0128762d8073970c

[雑記] Adobe Photoshop Lightroom 1.0を参照しているブログ:

2011年4 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り