« リコー Caplio R6【実写その3】 | メイン | リコー Caplio R6【実写その5】 »

2009/08/27

リコー Caplio R6【実写その4】

 続いてはCaplio R6で撮った風景、夜の街角です。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/800秒, F8.9)/露出補正:-0.3EV/ISO 100/WB:オート/

 お得意の水面です。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/540秒, F5)/ISO 100/WB:屋外/

 広角に強いから風景も得意といえるのかな。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/750秒, F3.3)/ISO 100/WB:屋外/

 空の色合いは好きだな。ただ、角がけられた?

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/2000秒, F5)/露出補正:-0.3EV/ISO 74/WB:オート/

 雲のニュアンスも巧く伝えてくれる。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/850秒, F9.4)/露出補正:-0.8EV/ISO 100/WB:オート/

 オートホワイトバランスでも夕日の色味を残してくれた。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/6秒, F3.3)/露出補正:+0.5EV/ISO 800/WB:蛍光灯/

 ISO感度は最高1600まで設定できるけど、ノイズ的に許せるのは妥協するにしてもこの800までかな。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/30秒, F3.3)/ISO 400/WB:蛍光灯/

 ISO400ならだいぶノイズ感も少なくなるけど、このカメラは元々ノイズを残す方なので、やはりそれなり。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/13秒, F4.5)/露出補正:+0.5EV/ISO 400/WB:蛍光灯/

 ただISO1600とかでなければ、嫌な感じがするノイズじゃないので実用範囲だと思う。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/9秒, F5.2)/ISO 400/WB:蛍光灯/

 被写体ブレや色かぶりと同じように、ノイズ感も写真の味となりうる。R6のノイズはそんな素性のいいノイズ感だと言える。

リコー Caplio R6【実写その4】
Caplio R6
/プログラムAE(1/2秒, F3.3)/露出補正:-1.3EV/ISO 161/WB:オート/

 スローシンクロでフラッシュを発光させて躍動感を出してみました。

写真アーカイブ

このページの写真一覧 リコー Caplio R6【実写その4】:

リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】 リコー Caplio R6【実写その4】

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a57c1970b

リコー Caplio R6【実写その4】を参照しているブログ:

2011年4 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り